今週末にスキューバダイビングに挑戦します

今週末にスキューバダイビングに挑戦します

人によっていろいろな趣味があると思いますが、どのような趣味に楽しみを感じるでしょうか。最近ではウォーキングやマラソン、ストリートダンスなどがブームとなり、各種大会であったり、普段から健康維持を含めて、歩いたり走ったりという事がしやすいように、市営などの大きな公園では、コース上に距離が表示されているウォーキングコースや、ランニングコースが多くなってきています。

また、最近少しずつ人気をと戻してきているものに、冬場のスポーツであるスキーなどもあります。マッサージの種類が沢山でてくるとどれを選んで良いのやらあれこれ悩ますよね、一時期はスキー人口が減少の一途を辿っていましたが、長い空白期間をおいて、スキーブームの際に夢中になっていた人たちが、父親・母親となり子供をつれて戻ってきたというのがあるようです。しかし、どうしても気になるのが結婚式場の設備であり、建物の質や広さ、新しさでしょう。それは誰しもが気にするポイントと言えるのです。

そして、その逆の季節である夏場の趣味としてスキューバダイビングがあります。日本国内では主に沖縄あたりまで行ってというのが主流のようですが、一度体験すると癖になってしまう方が多いようです。では、スキューバダイビングがどのようなものかご存知でしょうか。

同じ潜るのでも、シュノーケルをつけて潜ったり、さらにタンクを背負って潜ったり、水上とホースでつないだ状態で潜ったりとダイビングにはいろいろなスタイルありますが、この中でスキューバダイビングはタンクを背負って潜るものになります。そのため、泣く泣く愛車を解体しなければならないことになりました。楽しむ目的としては、水中に潜って、珊瑚礁を見たり、カラフルな熱帯魚を見たり、水中洞窟を見たりというものが中心だと思いますが、いずれにしても普段見ることのできない、非日常を垣間見る事が出来るというのがスキューバダイビングの魅力ではないでしょうか。